明石市 大久保町 歯科 小児歯科 矯正歯科 インプラント 訪問診療 往診 歯医者 歯科医院 日曜診療

お口の基礎知識

ライフステージとお口の健康   

乳幼児期について  

●お口の特徴
生後6カ月ごろから乳歯が生え始め、3歳頃に生えそろいます。

●オーラルケアのポイント
・ 乳歯が生え始める頃にむし歯菌が保育者(主に母親)から感染します。感染の時期が遅ければ遅いほど、子供のむし歯リスクは低くなるので、子供の周りにいる人は、お口を清潔に保つよう心がけましょう。

・ 乳歯は永久歯に比べて、むし歯菌の出す酸に歯が溶けやすくむし歯になりやすいので、仕上げ磨きを行い、おやつや砂糖入りの飲み物の与え方に注意しましょう。

・ 保護者による歯みがきを習慣化し、子供が歯みがきに慣れるよう努めましょう。

乳幼児期の歯磨きについて  

●上の歯が生え始めたら
水を含ませたガーゼや脱脂綿などを指先に巻き付けて、歯の表面の汚れをやさしく拭き取って下さい。このころは手にしたものを何でも口に入れたがるので、歯ブラシを遊びの中に取り入れ、歯ブラシに慣れさせましょう。また、お母さんは口の中を見る習慣を付けましょう。

●1才になったら
少なくとも、朝と晩の2回くらいは小さなやわらかい歯ブラシを使って、やさしく歯面の汚れを取ってあげましょう。

●1才6ヶ月〜2才頃
自我がだいぶ強くなり、一人で歯みがきをしたがります。不十分ですから必ず後で見てあげましょう。歯ブラシは子供の口の大きさにあったものを選んで下さい。

●3才過ぎたら
不十分ながら一人でみがけるようになります。しっかりみがけるよう訓練をはじめましょう。乳歯のむし歯が急増する時期ですので、必ずお母さんが仕上げみがきを行って下さい。みがいた後は忘れずにほめてあげましょう。

上手な仕上げ磨きについて  

●お子さんをあお向けに寝かせ、頭をひざに乗せます。
●上下のくちびるを開き、よく歯が見えるようにします。
●楽しく、やさしく、みがきます。
●特に、歯と歯ぐきのさかいめ、歯と歯の間、歯のかみ合う溝の中に、汚れがたまりやすくなっています。
●歯ブラシは、ヘッドが小さく、毛先の短めのものを選びます。
●みがく順番を決め、みがき残しのないようにします。

学童期について  

●お口の特徴
6歳ごろから乳歯が抜け始め、永久歯との交換が始まります。

●オーラルケアのポイント
・ 乳歯と永久歯が混在する時期のため、お口の中が複雑になり歯みがきが難しくなります。

・ 生えたての永久歯は、むし歯菌の出す酸に溶けやすくむし歯になりやすいので、歯並びや歯の大きさに合った歯ブラシの選択と保護者による仕上げみがきをしっかり行いましょう。フッ素入り歯磨剤もおすすめです。

・ 定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアを習慣化しましょう。

思春期について  

●お口の特徴
15歳ころまでに、永久歯が生えそろいます。

●オーラルケアのポイント
・ ホルモンバランスに変化が現れ、歯肉の炎症が起こりやすいので、規則正しい食生活とお口の清潔に気をつけましょう。

・ 口臭が出やすい時期ですが、大半はお口を清潔にすることで防ぐことができます。

・ 勉強や部活動などが忙しくなり、歯科医院への通院が滞りがちになる時期です。歯科医院でのプロフェッショナルケアを習慣化しましょう。

成人期について  

●お口の特徴
永久歯が成熟する時期です。

●オーラルケアのポイント
・ 永久歯が成熟し、お口の中の変化が少ない時期なので比較的安定していますが、生活習慣病の発生・進行の時期でもありますので、お口の健康への影響に気をつけましょう。

・ 歯周病によって歯を失うことが増え始めます。ていねいな歯磨きと歯科医院でのプロフェッショナルケアを定期的に受けましょう。

・ 特に以前詰め物をした歯がまたむし歯(二次う蝕)になると、歯を失うことになりかねません。歯みがきはていねいに行いましょう。

妊娠期について  

●お口の特徴
口内のpHが酸性に傾いたり、つわりの影響が出る時期です。

●オーラルケアのポイント
歯周病にかかりやすくなる
女性ホルモンの増加やつわりの影響で歯磨きが十分にできないことが重なり、歯肉が炎症を起こしやすくなります(妊娠性歯肉炎)。

むし歯にかかりやすくなる
お口の中のpHが酸性に傾くため、むし歯にかかりやすくなります。つわりの時期は食べ物の好みが変わったり、少しずつ何回も食べたりと食習慣が変わること、十分な歯磨きができないことなども影響します。

吐き気を起こしにくい小さな歯ブラシや味や香り、粘膜への刺激の少ない歯磨き剤を使ってお口の清潔を保つようにしましょう。どうしてもみがけない場合は洗口(ぶくぶくうがい)だけでも行いましょう。

更年期のお口のケアについて  

●お口の特徴
・ 唾液量の低下。
・ 歯周病により歯根が露出。

●オーラルケアのポイント
・ ホルモンバランスが変化し、精神的にも肉体的にもさまざまな症状が出やすく、唾液の量や質が低下するため、お口の中の自浄作用がはたらきにくくなります。今まで以上にお口の中の清潔を心がけましょう。

・ 更年期の不快症状に対処する薬の副作用として唾液の量が減るものがあります。お口の乾燥が気になる場合は唾液腺マッサージを行うと効果的です。それでも解消されない場合は当院にご相談ください。症状を緩和する保湿ジェルなどもあります。

・ 歯周病によって露出した歯根の部分はむし歯にかかりやすい場所です。やわらかい歯ブラシでやさしくていねいに歯磨きをしましょう。フッ素の利用も効果的です。

老年期のお口のケアについて  

●お口の特徴
・ 食べ物を噛んだり飲み込んだりする機能が低下。
・ 唾液量が少なくなる。
・ 歯周病により歯根が露出。
・ 入れ歯の装着が増える。

●オーラルケアのポイント
・ お口の機能の低下により食事中にむせたり、よくかめないことがあります。食事の前に唾液腺のマッサージや嚥下の体操を行なうと効果的です。

・ 全身疾患や薬の副作用により唾液の量が減り、お口の中が不潔になりやすく、むし歯や歯周病を悪化させる原因になります。お口を清潔に保つよう心がけましょう。

・ 入れ歯にも定期健診は必要です。
定期的に当院でチェックを受け
てください。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional